無垢材を利用したテレビボードの魅力

家具のショップや住宅メーカーなどで、無垢材を使用しているとよく聞きますが、無垢材の材料がなにかを知っている方は少ないと思います。無垢材とは一言で言ってしまえば、ベニアや合板のような集成材ではなく、木材そのものの事を指します。では、無垢材を使用した家具の魅力についてですが、それは木そのものがもつ暖かみや存在感が合板などで作られた家具とは違います。合板を木目のシートでくるんだ材料では、ビスを多用するためにどうしても穴が空いてしまいます。しかし、無垢の木であれば、ビスを使用せずに接合する事もできます。ビスを使用しない事で、全体的に滑らかに仕上げる事が出来るのです。特に、日頃よく目にしているテレビを乗せているテレビボードは、こだわり抜いた家具でありたいものです。ここでは、こだわりの中でも特に無垢材を使用したテレビボードの魅力を紹介していきます。

テレビボードに求める機能性とは

テレビボードは、読んで字のごとくテレビをのせる台の事です。最近のテレビは薄く軽量になってきた事もあって、テレビボードの形状も変わってきました。しかし、必要なものは昔とあまり変わっていません。テレビと記録装置、スピーカーなどを使用すると思います。無垢材の家具は、既製品も多くありますが、どうせならオーダーで世界に1つだけの家具を作りたいものです。オーダーするには、あなたが求める機能を把握しなければなりません。収納や配線を通す穴などをよく考えて配置して行きましょう。無垢材である事を活かすには、デザインはシンプルなものが良いでしょう。極論を言えば棚が2段くらいあれば、テレビボードとしての機能は果たせます。木材の目を見たり材料の質感が伝わるようにするのであれば、扉をつけると良いでしょう。

無垢材を使用したテレビボードの価格

ナチュラルな質感が部屋に暖かみをもたらしてくれる無垢材を使用したテレビボードですが、価格はどのくらいなのでしょうか。既製品の価格は、使用している木材や大きさにもよりますが、3万円程あれば、購入する事が出来ます。オーダーをするなら、10万円程の予算を未奥と余裕を持ったオーダーが出来ます。使用する木材ですが、ウォールナットやチェリー、オークなどの材料があります。ウォールナットは、その色合いが特徴的な材料で無垢材の中では高価な部類になります。茶色を帯びた色合いは、暖かみがありながらも引き締まった印象があり、部屋のインテリアとしての重厚感は他の材料よりあります。また、対衝撃性に優れている為、丈夫で長持ちします。逆にオークは木材らしいベージュでナチュラルな印象の高い無垢材です。

抜群の強度を生み出しています。 金具を使わずに組み込み、しなやかな曲面で削り出した「さすり仕上げ」の取手が特徴です。 家具蔵では、家具を整えるだけではなく使い勝手や収納内容に合わせて、もっとも最適な収納方法もお伝えいたします。 4本脚による軽やかさと美しいフォルムとエレガントさが光る「エミネント」シリーズがあります。 無垢材のテレビボードをお探しなら家具蔵(カグラ)